キレーション治療とは 

ギリシャ語の「カニの爪」がキレーションの語源です。血管壁に蓄積したカルシウムあるいは組織中の水銀、鉛、ヒ素、カドミウムなどの重金属をキレート剤がカニの爪でつかみ取るように除去します。(除去された物質は尿中へ排泄されます。)

当院採用のキレート剤である2NaEDTAは、汎用されるキレート剤であるCaEDTAにはない効果、すなわち石灰沈着を伴う動脈硬化病変の改善に有効です。
 
1950年代に治まったこの治療法は、いまや世界各国の医師たちにより選択される優れた治療法です。
詳細は こちら→日本キレーション治療普及協会   
 
  治療方法と対象疾患および注意点 
 
<キレーション点滴の方法>
 
生理食塩液または5%ブドウ糖液に2NaEDTA、ビタミン剤等を入れ末梢点滴します。
使用する2NaEDTAの量により、ハーフキレーションで約90分(NaEDTA量1.5g)、フルキレーションで約180分(NaEDTA量3.0g)かけてゆっくり
点滴します。
原則、週1〜2回で計20回~40回行い、その後維持治療を月1~2回で行い
ます。
 
<キレーション点滴の対象疾患>
 
1)動脈硬化疾病
 狭心症・心筋梗塞などの虚血性心疾患、脳梗塞、閉塞性
 動脈硬化症、加齢による視力低下、糖尿病性血管障害など
 
2)有害重金属蓄積
 有害重金属の蓄積は神経障害など様々な疾患を引き起こ
 します。
 
<キレーション点滴の注意点>
 
1.腎毒性
 潜在的にEDTAには腎毒性がありますが、事前の腎機能検査により適応で
 ない方には治療を行いません。またEDTA投与量、点滴投与速度の調節に
 より腎毒性を回避します。
2.静脈血栓症(点滴部位の痛みや腫れなど)
 点滴全般に言えることで、点滴刺入部の局所的な痛みを感じることが
  あます。この痛みに対しては温湿布や温めたタオルなどをあてて
  経過をみます。
3.うっ血性心不全(体重増加やむくみ、息切れなど)
 うっ血性心不全を合併している場合、点滴速度を遅くしたり、生理食塩   水をブドウ糖液へ変更するなどの対応します。
4.不整脈(動悸など)
 点滴開始時に不整脈を認めることがありますが、点滴継続により頻度が   減少します。
5.低カルシウム血症(けいれん、震え、嘔吐など)
 EDTAは血中カルシウムと結合するため、急速に注入した場合には低カル   シウム血症による筋けいれんなどの症状が起こる可能性があります。
6.低血糖(冷汗、疲労感、めまいなど)
 糖尿病患者さまにおいては点滴中に低血糖を起こす可能性があります     が、点滴前に食事を摂り、点滴中に果物を摂るなど予防を行います。
7.低血圧
 キレーション治療により血圧が低下する場合があり、高血圧内服治療中   の患者様では降圧剤減量が必要となる場合があります。
8.アレルギー(発疹、かゆみなど)
 ごく稀にEDTAを含めた薬剤によるアレルギー症状が起きる可能性があり   ます。
 
 治療の流れ
  
<初診>
 
1.診察:症状や治療内容、病歴などをお伺いします。
2.同意書作成:治療に同意をいただいた場合は次のステップへ進みます。
3.点滴前検査:※1
 安全確保のため行うべき検査 ①心電図、②血液・尿検査
 動脈硬化の評価 ①頸動脈エコー、②下肢脈波、③血管内皮機能検査
 有害重金属の評価 ①オリゴスキャン
4.点滴開始直前:体重や血圧測定・脈拍測定。
5.点滴:初回はキレート剤を含まない点滴を行いキレート剤 
 以外でのアレルギー反応の有無をチェックします。※2
6.点滴終了時、状態により血圧・脈拍測定します。
 
<2回目以降> 
 
1.診察:前回キレーションから受診時までの体調の変化などをお伺いしま
 す。
2.点滴直前:血圧・脈拍測定。尿検査。
3.キレート剤を含む点滴:ハーフキレーション約90分
            フルキレーション約180
4.点滴終了後:血圧・脈拍測定。
5.サプリメント服用。※3
 
※1:ご希望により検査は省略・変更が可能。
 原則、治療開始前、点滴6回目、11回目、21回目に心電図および
 頸動脈エコー・下肢脈波図・血管内皮機能検査を行います。
※2:キレーション治療経験者など初回よりキレート剤を入れた点滴を
 行う事が可能。
※3:キレート点滴により必要なミネラル(亜鉛など)やビタミン
 (ビタミンB群など)も排出されるため、サプリメントによる補給
 が必要。  
 
 
                                              ページ上部へ